スロヴェニア / Slovenia

私が20歳の時、スキーのヨーロッパ選手権でユーゴスラビアへ来たことがある。それから戦争で幾つかの国へと分散されてしまった。現在、イタリアとオーストリアに囲まれた第2のスイスと呼ばれる自然豊かなスロヴェニアと言う国に独立した。この一帯は450年以上前オーストリアの国土であり、歴史をさかのぼってみるが、ルネッサンス時代スペインからアンダルース馬を贈呈されたオーストリア国王がイタリアの馬と掛け合わせたリピッツァーナというクラッシック馬場馬術に適した馬種を作り上げたのである。その当時から現在の西スロヴェニア地方はルピッツァーナ馬の放牧地となっていたのである。

現在は国営のリピッツァーナ牧場があり素敵なホテルに滞在しながらクラッシックドレッサージュの講習会を受けることができる。週に1回はインストラクターたちによる素晴らしい馬術ショーを見ることもでき、馬車に乗ってこの牧場を2時間ぐらいかけ見ることもできる。このツアー前後に列車でウィーンにあるスペイン乗馬学校へ訪れ練習風景などを見学するとさらにルピッツァーナの魅力に触れることができるのではないだろうか。また、毎年5月にはFEI主催の馬場馬術ワールドカップも開催されている。この牧場へのア

クセスはイタリアのベニスからも近く、1~2週間でベニス観光、ワールドカップ見学、ドレッサージュをリピッツァーナ馬で受講し列車でウィーンのスペイン乗馬学校見学と随分豪華な楽しみ方もできるのである。